フリーエンジニアの不安は人脈を失うこと

フリーエンジニアは自分で事業を推進していく必要があります。簡単に言えば、継続的に仕事を自分でとる必要がある点が会社員と大きく違うといえるでしょう。

仕事を継続的に得ていくには、自分の能力を高めることや、場合によっては営業力も必要かもしれませんが、継続的という点に着目すると人間関係の構築や信頼関係が大事になってくるでしょう。クラウド等でのプロジェクトの募集に参加するにしても、知人や得意先から仕事の紹介を受ける場合でも、人脈や信頼関係がものを言うはずです。

そのため、フリーエンジニアの不安の一つとして、信頼関係を構築して仕事を紹介してくれている人がいなくなってしまったり、継続して仕事を受けていた得意先が事業を辞めてしまうことが挙げられます。そういった不安を解消するためには、仕事が休みの場合でも新たな人脈の構築のための努力が欠かせないかもしれません。仕事が休める時には、積極的に知人と親交を深めるような行動をとったり、業界の集まりに参加してみる等の努力が必要になるでしょう。

フリーエンジニアといっても一人で仕事ができるわけではなく、突き詰めれば人の縁によって生かされているともいえます。そういった点をよく理解して休日であってもそれを大切に行動できるようになれば、長くフリーで仕事を続け活躍することができるのではないでしょうか。
互いに信頼をおける人脈を構築させることができたとき、さまざまな問題が解決することは多いものなのです。
そういった点を踏まえても、人脈形成のためのコミュニケーションスキルはフリーエンジニアにとってなくてはならない能力です。人脈と努力が仕事を生むのだといっても過言ではないでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です